December  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
Laurent Bichaud (写真家) の記事一覧 (40 件)
ENTRY #7
アートの死?
Date: 07.01.11 AM07:52

My_own_cervicals_2006_Laurent_Bichaud.jpg誰かが言った。「アートは死んだ」。彼女は答える。「だけど、アーティストたちはまだ生きてるわ」。

ENTRY #10
どこにいる?
Date: 07.01.17 AM08:41

From_home_2003_Laurent_Bichaud.jpgだけど雨の間、蝶々たちはどこに隠れているの?

ENTRY #14
水に消えて
Date: 07.01.26 AM08:01

Boulevard_de_Sebastopol_01-2007_Laurent_Bichaud.jpg岸辺にて
君を想いて
水に消ゆ

ENTRY #17
パリ/東京
Date: 07.02.16 AM06:24

25-01-2007%20copyright%20Laurent%20Bichaud.jpg
パリで生まれ育った僕はこの街を知り尽くしている。
通りという通りに染みついた数えきれないほどの思い出。
だけど僕にとって最も美しい日々はトーキョーで過ごした数年で、自分が一人前になったのも今は遠い、あの街でだった。

ENTRY #19
俳画
Date: 07.03.04 AM06:08

Paris-Boulevard_de_Sebastopol_02-2007_copyright_Laurent_Bichaud.jpg
微睡のさなか
影をさらうは
夏の群雲

ENTRY #22
愛と呼ばれるもの
Date: 07.03.21 AM07:24

Eiffel_Tower_From_Pompidou_Center_02-1007_01_Laurent_Bichaud.jpg

Eiffel_Tower_From_Pompidou_Center_02-1007_02_Laurent_Bichaud.jpg

Eiffel_Tower_From_Pompidou_Center_02-1007_03_Laurent_Bichaud.jpg

Eiffel_Tower_From_Pompidou_Center_02-1007_04_Laurent_Bichaud.jpg

愛ってなんだと思うって?
蜂蜜のように甘く、
それとも流れ落ちる汗のように塩からく
夜とともに色を変え
霊感を受けた
あるいはただ誰かに押しつけたい厄介なだけのもの ?
まず自己愛から始まり
死を免れることができる唯一の薬
苦しみであり光でもあるもの
与えることと捨てられることとの微かな境界
息吹と息苦しさとの狭間でのためらい

ENTRY #28
"Maid in France"
Date: 07.04.21 AM08:42

スメリー氏に引き続き・・・
ここパリでも羽ぼうきを手にしたメイドたちが私の手をマッサージしてくれました。

Asian%20Bar%20%28selfportrait%20with%20maids%29%2020-04-2004%20%231.jpg

Asian%20Bar%20%28selfportrait%20with%20maid%29%2020-04-2004.jpg Maid%20in%20France.jpg

ENTRY #31
Art by chance
Date: 07.04.29 AM04:17

アダルトビデオのダウンロード中に技術上の問題発生! 
結果はこの通り、数倍面白いビデオが生まれました。

a.jpg b.jpg
c.jpg d.jpg
e.jpg f.jpg
g.jpg h.jpg

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages